統一教会に入って良かったこと

ご訪問ありがとうございます。私は統一教会(協会)の合同結婚式で主人と出会いました。私たちの日常をご紹介していきたいと思います。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文先生自叙伝

文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』

韓国では40万部を突破、昨年日本ではアマゾンで堂々の1位に輝き、

紀伊国屋でもベストセラーに。

そんなこと日本で報道されることはまずないだろうな

と思っていたら… 

なんと!

銀座4丁目交差点の大型スクリーンにて堂々放映中なのだ~!!



4月から6月末にかけて放映予定とのことで

私も機会があれば写メを撮りたいと思っておりますが、

銀座での放映の様子はまずは下記リンクよりご覧下さい

文鮮明自叙伝『平和を愛する世界人として』 

すご~い日本で初の文鮮明先生PR放映ですね


さて、この自叙伝は韓国の出版業界最大手の金寧社で出版され、

その女社長である朴恩珠女史が執筆されました。

この熱心な仏教徒でもある朴女史たるや手がける本が次々と

ベストセラーになるという出版界のカリスマ的存在で、

毎日「金剛経」を30分読経して108拝の敬拝をささげるという。

毎回、作品を出版・企画を決定する際も、三日間仏像の前で祈って、

お釈迦様の許可を得られたら出版するし、得られなければ出版しない。

今回の執筆にあたっても例にもれることなくお釈迦様に

『今度はどなたの自叙伝を書きましょうか?この方ですか…?それともあの方ですか…?』

とお祈りをするも返事は無く

『文鮮明先生ですか?』 と尋ねるや

『どんな反対があっても書きなさい!!』

との啓示があったとか。

自叙伝の企画の際はクリスチャンの社員が猛反対をし、

『嫌ならお前が辞めろ!』


と反対する社員を辞めさせ、編纂に当たっても膨大な量のお父様のみ言を

金寧社の社員全員が整理するのに約1年かけたと言われております。


皮肉なことにクリスチャン達が大騒ぎしてくれたことにより

この自叙伝に興味を示す韓国人が増え、多くの方が文先生の自叙伝を読むことになったのです。

このように一般の大手出版社からお父様の生涯を綴る自叙伝が

発行されて世間の注目を浴びるというのは、

私自身も世の中の大きな変化を感じます。

文先生に

『わたしの思いを80%以上盛り込んである』

と言わしめたこの本。

果たして今後の日本での反響や如何に

銀座におでかけの際は是非ご覧下さい






にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ 応援感謝致します


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

なんで合同結婚式なの?

本当に運命の人に出会えるの?
実体験マンガ 統一教会の合同結婚式
統一教会・統一協会 合同結婚式への招待状
「Married To the Moonies」
動画:「Married to the Moonies(ムーニーズと結婚して)」
イギリスでは好意的に報道された
3組のカップルのドキュメンタリー!
- 他関連証 -
”あ、お姉ちゃんだ”
四柱推命でもぴったり!
合同結婚式に参加した霊能者

拉致監禁ビジネスの実態!

    動画:韓国SBSニュース追跡『統一教会信者拉致監禁事件』(日本語字幕版)
   韓国SBSで報道されました!

   日本における「青春を返せ」損害賠償請求裁判と強制脱会との関連 CESNUR(国際カルト研究協会)
   にも認められた論文です。

    反対組織には暴力団
    兵庫通信がスクープ!(PDF)

PROFILE

dearestfather

Author:dearestfather
ご訪問ありがとうございます。
私は2007年2月22日に統一教会(協会)の合同結婚式に参加させて頂き、世界で一番ぴったりな主人を神様に与えて頂いたと信じている一児の母です。
どんな方でもこのブログを見て統一教会ってこんななんだ~と思って頂ければ幸いです^^
応援クリックお願いします^^
更新の励みになります!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

文先生自叙伝を無料プレゼント!

     文鮮明先生自叙伝無料プレゼント
おかげさまで100万部を突破致しました!

Recent Hits


Languages

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。